CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会

日本のサッカー選手の礼儀

サッカーの日本代表は、ベルギーに敗退後、ロッカールームを清掃、感謝の言葉を残すことで、ただの敗者となることはなく偉大なるお手本に。

日本代表は、2018年のワールドカップでの卓越したパフォーマンスに加えて、芝生の外でもその敬意を払う精神を残してくれた。

既に、対セネガル戦での引き分けの後においても日本のサポーターはセネガルのサポーターの助けを借りてサランスクのスタジアムの観客席を清掃していたことが知られている。この美しき習慣はベルギー戦においても繰り返されたが、スタンド側だけではなく、ロッカールーム側でも、日本代表によってしっかりと受け継がれていた。彼らとってのFIFAワールドカップ2018は最後まで美しく、ロシア語で「ありがとう」と書かれたメモを残して閉じられた。