CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会
Browse Author by Aurelia Dejulliard
View Post

日仏経済ガラ・ディナー レポート

スポーツが牽引役となり、諸産業分野に急速な動きが出てきています。主催者ディディエ・クリングCEFJ会長(兼パリ・イルドフランス地方商工会議所会頭)は、この機に、在フランス日本大使木寺昌人氏、フランス・オリンピック・スポーツ委員会(CNOSF)会長 ディディエ・マセグリア氏 (IOC会長トーマス・バッハ氏の代理も兼任)、パリ2024特別顧問で柔道家のティエリ・レイ氏、スポーツ担当大使 ロランス・フィシャー氏らをお迎えいたしました。日本オリンピック委員会会長山下泰弘氏からは激励のメッセージをいただきました。会場には東京2020出場予定選手アレクサンドラ・レキア氏(世界選手権金メダル空手家) やステファン・ウデ氏(北京・リオ五輪金メダル、車椅子テニス)がご参加。またエミリ-・アンデオール氏(リオ五輪金メダル柔道家)、ブリジット・デディエ氏(元オリンピックメダリスト、柔道)、ディディエ・ルティエール氏(仏ラグビー連盟元ラグビ-XV)、ディディエ・セミネ氏(仏野球連盟会長)、ピエール・ドゥニジエ氏(イルドフランス地方議会、ハンディキャップ、アクセシビリティ、パリ2024担当理事)、ジャン・ヴュイユモズ氏(スポーツ担当全国議員協会)ら、大勢のスポーツ関係者にお越しいただきました。更には2021年開催予定の「日本におけるフランス祭」について、ジェネラル・コミッショナーのディアンヌ・ジョス氏、メセナ委員会を代表しマルク=アントワーヌ・ジャメ氏 (LVMH事務局長)より「祭」の展望について発表いただきました。会員企業Oto Technology社のロボットTOTOが登場し、ピエール・クシュリーCEFJ会長代行とのユーモア溢れた対話を披露しました。

ソワレは、シャルル・ズナッティ氏(CEFJ副理事)の司会のもと和やか、且つ積極的交流の中で進み、サイレント・オークションで締めくくられました。初のこの試みには16社からご協力、会場からは積極的な「落札」でご参加をいただきました。この日のためにはるばる日本から、またストライキの影響で不便な交通条件の中、ストラスブール、アヴィシー、オー・ド・フランス、、、、各地から、そして渋滞のパリ市内から、、、 お集りくださった皆様に、CEFJ一同心よりお礼申し上げます。どうもありがとうございました。日仏ビジネス界が一同に会するこの機会により、今後の皆様の活動の飛躍の場となったことを願うばかりです。今後ともこの日のエネルギーを糧に活動を続けて参ります。どうぞ宜しくお願いいたします。

View Post

La Saison de la France au Japon 2021 | Institut français

Contexte de la Saison

Au cours de la visite officielle du Président Macron en juin 2019, la France et le Japon ont renouvelé et renforcé le partenariat stratégique qui lie nos deux pays depuis 2013. Celui-ci, fondé sur une communauté de valeurs, met en avant nos positions conjointes sur la politique internationale (paix et sécurité), sur l’économie innovante et numérique, pour une nécessaire transition énergétique et responsable, pour la culture au sens large, en vue de développer la mobilité des étudiants, des créateurs, des chercheurs et des sportifs.

Si le Japon fascine comme en témoigne le grand succès de Japonismes 2018 (3 millions de visiteurs), notre pays conserve sur l’archipel une image forte et positive, force est de constater que celle-ci est quelque peu désuète.Sans tourner le dos aux fondamentaux de notre représentation dans l’imaginaire japonais, à ce passé riche en relations, le véritable challenge de la Saison sera de servir de plateforme pour renouveler cet imaginaire en s’orientant d’emblée sur la création contemporaine et l’innovation.

De plus, la Saison s’inscrit dans une conjoncture de grands rendez-vous internationaux dont nos pays vont respectivement assurer la responsabilité :

  • Organisation en 2019 du G20 au Japon et du G7 en France
  • Coupe du monde de rugby au Japon en 2019 puis en France en 2023
  • Jeux olympiques et paralympiques au Japon en 2020 puis en France en 2024

Les principes fondateurs : D’un héritage partagé à un monde à construire ensemble

Elle visera :

  • à célébrer le foisonnement des créations entre nos deux pays en privilégiant les coproductions entre professionnels et institutions françaises et japonaises afin de développer un espace de dialogue et d’échanges entre les créateurs contemporains de nos deux pays ;
  • à renouveler l’imaginaire en présentant notamment notre capacité́ d’innovation notamment au travers des industries culturelles et créatives et d’approches innovantes (recherches scientifiques) et approches sociétales (responsabilité́ sociale des entreprises) ;
  • à développer de nouveaux partenariats axés sur la créativité et l’innovation dans ses aspects les plus contemporains pour engager, dès l’origine des projets, des perspectives pérennes.

La ligne éditoriale de la Saison

  • Reflétera tous les aspects créatifs et innovants de la France contemporaine et embrassera le plus largement possible tous les domaines d’échanges entre nos deux pays : économie, sciences, gastronomie, arts et culture –patrimoine compris-, éducation, enseignement supérieur et recherche, sport, tourisme et art de vivre au travers de manifestations grand public ou des colloques et rencontres de haut niveau ;
  • Mettra à l’honneur le dynamisme et l’imaginationdes créateurs, entreprises et institutions qui animent la relation entre nos pays, en privilégiant les collaborations franco-japonaises et les plateaux de créateurs pour les temps forts ;
  • Sera festive et accessible à tous les publics, en se déployant sur l’ensemble de l’archipel et s’adressera particulièrement aux générations futures ;
  • Favorisera un esprit de dialogue et de faire-ensemble avec la société civile pour traiter d’un nouveau vivre-ensemble qui intégrera les nécessaires mutations technologiques, sociétales, environnementales pour construire ensemble notre avenir communet les amitiés francophiles de demain.

Chaque projet devra répondre au minimum à l’un de ses critères.

Les projets de co-création seront favorisés et tout particulièrement ceux associant artistes français basés en France et artistes japonais. Toute diffusion stricto-sensu ne sera pas retenue. Une attention particulière devra être portée aux générations futures, à la société civile et au jeune public et comprendra un volet grand public à forte visibilité y compris pour les manifestations à caractère professionnels ou BtoB.

Calendrier

  • D’ici fin 2019, une première cartographie des acteurs japonais et lieux partenaires japonais désireux de s’inscrire dans la saison de la France est réalisé et mention des partenaires avec lesquels ils souhaitent développer un projet.
  • Fin 2019 début 2020 : les opérateurs français indiquent les axes du projet qu’ils souhaitent construire avec des partenaires japonais.
  • Le commissariat et comité d’organisation aideront à dela mise en contact pour les partenaires n’ayant pas encore de partenaire identifié.
  • Début 2020 : des premières missions sont organisées
  • 24 janvier 2020 : une première ébauche de préprogrammation est définie et présentée lors de la réunion de préfiguration du comité des mécènes.

Tous les 2-3 mois se tiendra un comité de programmation suivi d’un comité des mécènes qui décidera de la labélisation dans le cadre de la saison, labélisation avec ou sans financement.

Commissaire générale de la Saison de la France au Japon : Diane Josse

Pour joindre le commissariat de la Saison de la France au Japon : franceaujapon@institutfrancais.com

View Post

La 8 ème édition de l’AFRICA CEO FORUM

Plateforme de rencontres d’affaires de haut niveau, lieu de partage d’expériences et de décryptage des tendances affectant le monde des affaires, l‘AFRICA CEO FORUM s’attache à proposer des solutions concrètes et innovantes pour faire avancer le continent et ses entreprises. A travers ses initiatives “Women in Business” et “Family Business”, il vise également à accroître la représentation des femmes aux postes de décision sur le continent et à accompagner la transformation des entreprises familiales africaines.

1800 participants venus de 70 pays, dont quarante pays africains, se sont rendus à Kigali pour l’édition 2019 du forum. Parmi eux, près de 1000 CEOs, 4 Chefs d’Etats, une centaine de ministres et de bailleurs de fonds et plus de 150 journalistes africains et internationaux.

Faisant partie de Jeune Afrique Media Group, l’AFRICA CEO FORUM organise aussi depuis 2018 le Women in Business Annual Leadership Meeting, consacré aux femmes dirigeantes, et a lancé en 2019 l’Africa CEO Network, réseau digital des décideurs en Afrique.

À cette occasion, le plus important rendez-vous annuel du secteur privé africain portera la voix des leaders économiques dans les grands débats structurants pour les économies africaines, notamment dans les domaines de l’intégration régionale, du développement des infrastructures ou encore de l’impact des révolutions technologiques.

De nombreuses personnalités ont confirmées à leur présence. Parmi elles : Philippe Le Houérou (IFC), Abdulsamad Rabiu (BUA Group), Albert Yuma (Gécamines), Sébastien Bazin (Groupe Accor), Kuseni Dlamini (Massmart), Jean Kacou Diagou (Groupe NSIA), Elisabeth Moreno (HP Afrique), Mohamed Mohsen (The Arab Contractors), Bruno Witvoet (Unilever), Peter Njonjo ( Twiga Foods), Tony Elumelu (Heirs Holdings), Mohamed El Kettani (Attijariwafa Bank).

L’événement est coorganisé par le groupe Jeune Afrique et l’IFC. Ils souhaitent la participation de beaucoup d’entreprises japonaises.

En savoir plus https://www.theafricaceoforum.com/fr/a-propos/

View Post

金沢「福光屋」の日本酒と「久田」チーズのマリアージュ体験会

フロマージュリー「久田」がセレクトしたチーズと、金沢の老舗酒蔵「福光屋」の日本酒(燗酒・冷酒)のマリアージュ体験会。日本酒ソムリエのフレリック・ル・ビアン氏が純米酒をご紹介いたします。

– 日時: 1月30日木曜日 1) 12時30分-14時  2) 19時-20時30分

– 場所: WA SALON (9 Rue de Treilhard, 75008 Paris)

– チーズとともに「福光屋」の日本酒6杯をお楽しみください。4種類の日本酒のうち2種類は燗酒・冷酒の両方のご用意があります。

– メールにてお申し込みください:   info@wa-salon.com

– 料金:  前売り券40€ (1月29日まで)    / 当日券50€

View Post

インタビュー :事業家、研究者、プロデューサー、「gallery de kasuga」オーナー、春日秀之

プロフィ-ル

春日秀之。事業家、研究者、プロデューサー、ギャラリーオーナー。 1973年、長野市まれ。1999年、東京工業大学大学院修士課程修了。大手複合材メーカーに入社し、エクス・マルセイユ大学に留学。その後、パリ駐 在を経て、2006年、家業 株式会社日本機材に入社。 2009~2012年、代表取締役社長を務める。2009年、パリにてBLANC BIJOUを創業、2012年、株式会社hide kasuga 1896を創業。2018年、信州大学大学院博士課程修了、博士号取得。2019年、hide kasuga LABOを 設立、早稲田大学理工学術院総合研究所客員研究員に就任。同年、東京・表参道に 「gallery de kasuga」 を開業。主な論文「廃棄PTFEのリサイクル方法の確立」。

インタビュー

1. ニッキフロンから BLANC BIJOU 誕生とその成功。そして黒の世界 hide k1896 への流れについて。

2008年のリセッションの後、家業の工業メーカー「日本機材」を継ぎ、日本は付加価値の高いモノづくり事業を創出しないとグローバルマーケットでは生き残れないと痛感。家業の工業分野での経営資源(永遠に白い素材 PTFE)を活用し、コンシューマー分野で新たな市場を開拓する為に、2009年パリにて「BLANC BIJOU PARIS」としてブランドを創出。MAISON&OBJET PARIS にて“ハイライトマテリアル”を受賞。アート、テーブルウェア、ファインジュエリーなどに展開。その後、2012年によりモノづくり(川上)とマーケット(川下)を融合した事業スキームを構築する為に、家業を出て、自身のクリエーションカンパニー「hide kasuga 1896」を創業し、カーボンブランド「hide k1896」を東京に設立。春日秀之が開発した新素材“ソフトカーボン”を使ったバッグや小物などのカーボンアイテムを展開。また、Leica、LEXUS、The Okura TOKYOなどとコラボレーションを行っている。

2.オープンされる 「gallery de kasuga」 で伝えたいSCIENCE TO ARTSを語っていただけますか?複合商業施設ということですが、具体的にどのように展開され、何が待っているのでしょうか?

工学博士「春日秀之」による「gallery de kasuga」はパリ発の永遠に白いブランド「BLANC BIJOU PARIS」、新素材ソフトカーボンで創られるブランド「hide k 1896」の展開を中心に、現代アート作品を展示する「ギャラリー」や、サイエンス・アート・ビジネス・SDGsをテーマにした「アカデミア」などの機能を持つ新業態の複合商業施設です。施設内は3つのゾーニング「ギャラリー」「ラウンジ」「サロン」で構成されています。

3.フランスはその中でどのような位置にあり、役割を果たしていますか?

フランスは春日にとって、「サイエンスとアートの融合」「世界を魅了し続けるブランドたち」「自国へのプライド」などビジネスの創出および成長戦略を学んだ場所です。

4. 訪れる人々へのアピールがありましたらお願いいいたします。

「gallery de kasuga」は伝統と革新、サイエンスとアートが融合した、新たな日本文化の発信地です。

5.その後は何を目指しますか?

「BLANC BIJOU PARIS」「hide k 1896」「gallery de kasuga」を日本を代表するコンテンツにし世界市場への輸出を目指します。

6.故郷長野への思いをお伝えくださいますか?

豊かな自然や日本を代表する工業技術力を有し高いポテンシャルがある長野県をより高付加価値のある県にしていきたいと思います。

View Post

キノタヨ映画祭:ギメ東洋美術館でのプライベートレセプションへの招待状

場所:ギメ東洋美術館6, place d’Iéna, 75116 Paris

プログラム:

16h00:博物館の個人訪問

17:00-18:00:レセプション/カクテル

メールにアドレスに名前と姓お送りください:av.kinotayo@gmail.com

フェスティバルチームは、再び皆様にお会いできることを楽しみにしており、このイベントにお迎えできることを嬉しく思います。

素晴らしい一日とお祭りの最後をお祈りします

現代日本映画祭KINOTAYO

https://kinotayo.fr/

View Post

2019年12月6日·7日: 組踊と琉球舞踊公演のご案内

琉球舞踊

日本列島の南に位置する現在の沖縄は、かつて琉球王国でした。日本と他のいくつかの近隣アジア諸国との貿易を発展させながら、この小さな群島は、様々な国に影響を受けながら独自の文化を生み出しました。組踊とは、歌、音楽、ダンス、衣装をミックスした琉球舞踊と歌の演劇です。

300年前に創作され、日本政府により重要無形文化財に指定されており、ユネスコの人類の無形文化遺産のリストに登録されています。組踊の代表作である「執心鐘入」と、主にクラシックレパートリーであるいくつかの琉球舞踊が披露されます。

https://www.mcjp.fr/fr/agenda/danses-dokinawa

パリ日本文化会館

101 bis, quai Branly 75015 Paris

View Post

エキストラ出演していただけるフランス人及び、外国人募集のお知らせ

[PROGRAM]

“La Grande Maison Tokyo”  at 9pm every Sunday, TBS ch.

https://www.tbs.co.jp/eng/newdrama/index.html#ns1

[DATE / PLACE / ROLE]

Please let us know when it’s convenient for you!

(1)

DATE: At night on December 6th

PLACE: Somewhere in Tokyo

ROLE:

-Three male foodies in a restaurant  OR

-Michelin inspectors in a conference room

(2)

DATE: About from 11am to 9pm on December 9th

PLACE: At Midoriyama studio in Yokohama

https://goo.gl/maps/iHtWutRjA8sCsbad7

ROLE:

-Elegant customers in an exclusive French restaurant, “Grande Maison Tokyo”

(3)

DATE: In the morning on December 10th

PLACE: A restaurant in Shibuya, Tokyo

ROLE:

  -Elegant customers in an exclusive French restaurant, ‘gaku” 

(4)

DATE: In the afternoon on December 10th

PLACE: Somewhere in Tokyo

ROLE:

-Michelin inspectors in a conference room

(5)

DATE: From 8am to 6pm on December 14th OR

           From 4pm to 7pm on December 14th OR

           From 7pm to 11pm on December 14th  

PLACE: At Midoriyama studio in Yokohama

https://goo.gl/maps/iHtWutRjA8sCsbad7

ROLE:

-Elegant customers in an exclusive French restaurant, “Grande Maison Tokyo”

(6)

DATE: In the morning on December 15th

PLACE: Somewhere in Tokyo

ROLE:

-People in Paris OR tourists or users in an airport

(7)

DATE: on December 17th

PLACE: at Prince Hotel Tokyo

ROLE:

-Participants of Michelin Guide Star Revelation Ceremony

(8)

DATE: About from 6pm to 9pm on December 19th

PLACE: At Midoriyama studio in Yokohama

https://goo.gl/maps/iHtWutRjA8sCsbad7

ROLE:

-Elegant customers in an exclusive French restaurant, “Grande Maison Tokyo”

(9)

DATE: In the morning on December 20th

PLACE: At an exclusive French restaurant

ROLE:

-Elegant customers in an exclusive French restaurant

[FEE]

Sorry, it’s free of charge.

[CONTACT]

Please send an e-mail to the following address!

gmt@gr.tbs.co.jp

Please ask me anything anytime! :)))))

View Post

日本の生活列車 : ジャポン・インフォN°23

ハイライト

時間厳守、ハイテク列車、ハイエンド、民営化、日本は西洋から鉄道の美しいビジョンを提供していますが、それは本当に何ですか?

購読する

ÉDITO :情報の実際の費用

東京から福井までの素晴らしい6日間のツアーから戻ったばかりの私は、ジャポン・インフォの冒険を続けるために興奮さめやらぬままフランスに戻ってきました。記者の出張として日本に行ったのは初めてでした。

続きを読む

インタビュー :ソニーのトップであった不死鳥

出井伸行、元CEOソニー、Quantums LeapsのCEO

天使のような笑顔の控えめな男性は、2005年3月7日までソニーの偉大なパトロンでした。早稲田大学を卒業し、政治学と経済学を学び、1960年ソニーへ入社しました。リーダーの大部分がエンジニアである中、出井は1995年にCEOになるために全てののステップを登りました…

購読して続きを読んでください!

観光:黒い煙

今月号の2・3ページに渡ってご紹介している「日本全国の百選 Nippon100 」では、川を駆け抜け、茶畑の間を風が吹く数少ない蒸気機関車について。日本で毎日循環する唯一の機関車です。

この場所を発見したい、購読します!

View Post

パリ2024「テール・ドゥ・ジュー2024」ラベルを東京や海外でスタート

エティエンヌ・トボワ事務総長と在日フランス大使館ローラン・ピック駐日フランス大使が代表するパリ2024は、スポーツデーの際、最初の国際的な「テール・ドゥ・ジュー2024」ラベルを開始しました。スポーツデーにはスポーツ代表大使ローレンス・フィッシャーと東京2020オリンピックにむけて、フランスの女子チームのコーチをしている、元オリンピック柔道チャンピオンのルーシー・デコスも出席しました。

ラベルの3つの尺度により3つのイベントが企画されました

  • 大使館のスタッフとフランスのコミュニティとの朝のジョギング(スポーツとその価値に関する「肉体の精神」の発展に貢献するスポーツ実践の促進のため)とパリ2024プロジェクト関係者の交流。
  • 東京のフランスインターナショナルスクールの学生とルーシー・デコスとの柔道マスタークラスとアスリートたちとの対面。
  • 1996年アトランタオリンピックのメダリストであるフランス人フランク・ボイディンがコーチしている2024大会の準備中の日本のフェンシング選手たちを訪問。

集結された外交ネットワークを強化する

パリ2024の入札の準備するために、すでにフランスの外交ネットワークを利用して広く呼びかけました。今日、パリ2024は、「テール・ドゥ・ジュー2024」というラベルを外交官に授与される可能性により、特に海外に住んでいる200万人近くのフランス人に呼びかけるため、外交的地位を強化して、そのダイナミックさを強調していきたいです。当初は、パリ大会を超えてオリンピックとパラリンピックの冒険に参加したいコミュニティを対象としていましたが、このラベルは、スポーツと五輪大会のすべてのエモーションを育て、より多くのスポーツをフランス人の日常生活に取り入れ、活気付け、パリ 2024コミュニティを盛り上げることを目指にしています。このラベルは、東京2020オリンピックおよびパラリンピック終了後に海外でスタートします。

「テール・ドゥ・ジュー2024」とは?

今年立ち上げられた「テール・ドゥ・ジュー2024」ラベルは、パリ2024大会の成功に貢献し、また継続的なプラス効果をフランス全国民と共有していくことを目指しています。

パリ2024は、すべての地方自治体(都市、地域社会、大都市、部門、地域)およびスポーツムーブメント(スポーツ連盟やスポーツクラブ)向けに、オリンピック史上に、前代未聞のラベルを設定しました。イベントを通じてスポーツの感動をより広く分かち合うため、スポーツの役割を強化するため、または、スポーツ人口を増やすために関わらず、フランスの日常生活により多くのスポーツを取り入れるための五輪大会のダイナミクスに着手しようとしています。ラベルを国際的に展開することで、すべての大使館を通じて、海外居住者を含む数百万人のフランス人を関与させることができます。

東京で、「テール・ドゥ・ジュー2024」ラベルの国際的展開と在日フランス大使館の役割を公表し、オリンピックとパラリンピックの冒険を最大限に拡散させる意思を継続していきます。次のオリンピックおよびパラリンピックが開催地である日本にあるフランス大使館は、この目的を十分に共有しており、すでにオリンピックとその価値観に関する呼びかけに日々取り組んでいます。

2020年東京にて

この日をきっかけに、「テール・ドゥ・ジュー2024」というラベルは、パリ2024のサポートを受けた以下の活動を行います。これらは、2020年から日本でフランス大使館によってスターとします。

  • 日本のフランス人コミュニティのメンバーを対称とした東京2020オリンピックとパラリンピックの聖火トーチのコンテストの開始。
  • 特に日本に焦点を当てた異文化交流につながる国を挙げた課題である2020年オリンピックおよびパラリンピック週間の展開。
  • フランス人のアスリート(例:2019年末の日本女子ハンドボール世界選手権)が関与する日本で開催された多数の競技会でフランスとフランス愛好家コミュニティの結集。
  • 東京のさまざまな地区で開催されるスポーツ大会、または日本のその他のコミュニティや組織(港区ハーフマラソンなど)が主催するスポーツ大会への集団参加。
  • 「テール・ドゥ・ジュー2024」の現役のメンバーと、日本に滞在中のスポーツマンまたはスポーツ関係者間交流を取りまとめる定期的な組織。

ローラン・ピック(駐日フランス大使 ):「「テール・ドゥ・ジュー2024」ラベルをいただけたことは大変名誉なことです。なぜなら、日本でラグビーワールドカップが終了したばかりで、また来年の夏に開催されるオリンピックとパラリンピックの準備に取り掛かったところだからです。私たちにとって、挙行、コミットメント、レガシーという3つの柱に基づいた「テール・ドゥ・ジュー2024」というラベルを付けることはごく自然なことです。私たちの活動は、私たちの文化的プログラミングの一部としてまたは分散的な協力で学術的および科学的協力や経済関係などを通して「スポーツ」の側面に特に重点を置きます。また、日本でコミュニティに呼びかけ、東京に続いてパリで開催されるオリンピックおよびパラリンピックの成功に積極的に貢献することを目指しています。これは私たちの外交行動すべてに関係する刺激的なプログラムです。最後に、オリンピックおよびパラリンピックは、単なるスポーツイベントではなく、障害者の男女平等とアクセシビリティの観点から、社会的に包括的な事項です。私たちの外交ネットワーク内の様々なポジションにある者が、このプロセスに参加して、「テール・ドゥ・ジュー2024」ラベルを授与されることを望んでいると、私は確信しています。」

エティエンヌ・トボワ(パリ2024事務総長):「東京で、「テール・ドゥ・ジュー2024」と呼ばれるラベルを日本で開始することは、本当に喜ばしいことであります。私たちにとっての課題の1つは、スタジアムにいる幸運な観客以外の人々も興奮させることにあります。「テール・ドゥ・ジュー2024」に対する私たちの野望は、フランス国内だけでなく、海外に居住する200万人近くのフランス人にも参加していただくことです。大会の前向きなエネルギーを最も多くの人々と分かち合いたいと考えています。そして、スポーツは人々の生活の中により多く存在します。大会は特別な瞬間です。私たちはこれらの機会を利用して、最も多くの人々にスポーツに挑んでもらいたく思ってます。私は、日本のフランス大使館との連携の良好さを言わなければなりません。従って、「テール・ドゥ・ジュー2024」を展開する最初のイベントが東京で開催されたことを非常に嬉しく思います。このラベルは新しいオリジナルの仕組みに命を吹き込みます。これは初めてのことであり、フランスはこの主導権を握ることに特に満足しています。パリ2024年によって動き出すアクションへの協力に、海外にいる多くのフランス外交代表者が関与してくださることを願っています。「テール・ドゥ・ジュー2024」は、パリ2024大会の成功に貢献し、フランス全体でそのプラス効果を共有しくいくことを目指しています。東京にあるフランス大使館とのこのコラボレーションは、パリ2024とこのラベルの柱の1つである外交ネットワーク間の共通の歴史の始まりとなることにも嬉しく思ってます。」

ルーシー・デコス(フランス女子柔道チームのオリンピックチャンピオンでコーチ):「私は何十回もオリンピックで戦っている日本をよく知っています。柔道では、日本人の師匠が最も重要であり、私はしばしば日本人の女性と対戦する機会がありました。「テール・ドゥ・ジュー2024」ラベルの国際的な展開を支援するために東京に戻ってくることができ、とても嬉しく思っています。この機会に、特に東京のインターナショナルスクールの子供たちや、マスタークラスを行っている若い柔道家たちと、非常に感動的な交流を交わすことができました。これらの出会いは、大会のレガシーディメンションに貢献します。」

ローレンス・フィッシャー(空手チャンピオン、スポーツ副大使): 「「テール・ドゥ・ジュー2024」ラベル開始にあたり、本日この場に参列できたことを非常に誇りに思います。長年にわたる外交ネットワークは、パリ2024の志願を支えてきました。それは、このコラボレーションを継続する方法です。さらに広く言えば、スポーツは価値観、厳格さ、規律でもあります。それは努力の価値です。私は、学校、大学、大使館ですべての人々と広く共有することが重要だと思います。パリ2024は、すべてのフランス人をレガシーとコミットメントの問題に関して呼びかけることのできるユニークで歴史的な機会です。重要なことは、公的機関がスポーツが必要とする答えを提供し、興奮を呼び起こすことにあります。2024大会のためにフランスから真の投資があり、すべてが動員されています。素晴らしいローンチだと思います。 私たちは、「テール・ドゥ・ジュー2024」を国際的に展開するためのツールがたくさんあり、それは次の段階に進むために、とても前途有望であります。」