CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会

コミュニケーション戦略ツールとしての企業PRビデオ – Agence France Presse

24

4月

2018

,

地図が利用できません
テーマ

Agence France-Presse(AFP)は、迅速かつ検証された国際ニュースをビデオ、テキスト、写真、マルチメディア、コンピュータグラフィックスなど、様々な形で発信。戦争や紛争から政治、経済、スポーツ、エンターテイメント、また健康、科学、テクノロジーの分野における発展に至るまで幅広く、グローバルにカバーする通信社です。

映像、コンピュータグラフィックス、ソーシャルネットワークは、あらゆるコミュニケーション戦略において重要な役割を果たすようになりましたが、なぜそれらをマーケティング戦略に統合するべきなのか、そのメリットなどを解説いただきます。

 

AFP-Servicesは同社が有する250人のジャーナリスト・リポーター、350人のフォトグラファーで形成される専門家ネットワークにより、企業広報向けの映像制作サービスを提供しています。

 

AFP-Servicesは、世界最高レベルの報道基盤とマーケティングノウハウを活用し、世界中どこでも、タイムリーに対応。また、親会社である世界的なメディア機関、Agence France-Presseが持つリソースとネットワークも同社の強みとなっています。

 

このイベントは会員専用となっております。

プログラム
8:30

受付開始

9:00

AFP-Servicesによるプレゼン(企業PRビデオ)

スピーカー; Otman Mériche(AFP Services社長)

質疑応答: Stéphane Marcovitch (AFPグルプ セールス/ マーケティング部長)

9:45

サービスに関するプレゼン(メディアラボ・ツール、インフォグラフィック・映像制作、ソーシャルメディア)

  • 固定アニメーションインタラクティブなコンピュータグラフィックス
  • Medialab(エディタの作業を容易にするために開発されたツール、引用の検索エンジン(特に、事実チェック、関連する背景の発送、または特定の主題の人物のステートメントの比較に役立ちます)
  • ソーシャルネットワーク、虚偽の情報、オンラインの誤報。
10:30

経済部門の訪問とサービスのマネージャーとの会合

オプショナル

11:30

終了

講演者
Otman Mériche
AFP Services 社長
パートナー機関
申込み
申込み締切日
23/04/2018
会員料金20 €
オンライン申込み
税込み価格 - 限定場所:最大20名様 - 1名様につき1名様