CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会

日仏経済アニュアル・レセプション

30

10月

2018

Kering

40 rue de Sèvres, 75007 PARIS

地図が利用できません
テーマ

CEFJは1997年にパリ・イル=ド=フランス地方商工会議所によって設立されて以来、両国の企業、公的機関を交えての交流を促進するために多くの経済イベントを開催いたしております。

日仏経済界 恒例の年に一度の懇親会です。
1997年の設立以来日仏経済交流委員会CEFJは、日仏企業・公的機関交流推進を目指し様々な形式、出会いの場を創出して参りました。 毎年に一度、一同が会する懇親会では、会員企業、公的パートナー機関、今後のプロジェクトに関わる立役者の方々も加わり交流を深めていただきます。20周年を迎えた昨年は仏外務省で大大的に着席ディナーで皆様をお迎えすることができました。今年は趣向を変え、今後予定されている数々の国際スポーツの祭典(ラグビーワールドカップや、オリンピック・パラリンピック、テニス、、)の関係者、更にはCEFJで企画が進む来年にかけての日仏会議の関係者に皆様をお迎えいたします。仏経済関係・社会・文化関係にまたがり、多くの話題が飛び交うことでしょう。 パリ・イルドフランス地方商工会議所会頭、そして日仏経済交流委員会会長のディディエ・クリング、会長代行のピエール・クシュリが皆様をお迎えいたします。

 

スポーツ関係者の方々2024年夏季オリンピック・パラリンピック組織委員会 / フランス・オリンピックスポーツ国際委員会 / フランステニス連盟 / フランス野球連盟 / フランスラグビー連盟 / INNOSIDE / TOURNOI DES 6 STATIONS / WORLD RUGBY / スポーツ省

 

今年も特別な場所でお迎えします。
首都パリ重要文化財の一つ旧ラエネック病院のチャペルが今年の舞台です。1634年建設。19世紀以降、聴診器を発明した高名な医学者ルネ・ラエネック博士に敬意を表しその名で呼ばれるようになりました。歴史的建造物として17世紀建築を代表しております。2016年以降KERING本社としての機能を備え、ピノー財団の現代美術品が随時展示されております。年に一度の遺産建造物公開日を除き、一般公開されていない場所に、特別にCEFJの会員の方々をお迎えいたします。

 

このレセプションは、Kering、 Potel & Chabot、 Champagne Laurent Perrier、 Air Liquide、 Foodex、またEventeamのスポンサーのもと、行われます。
プログラム
7:00

レセプションのオープニング

7:30

開会の挨拶

7:50

懇親会

展示エリアへの見学、特別ゲストからの一言

9:30

終了

パートナー機関
申込み
申込み締切日
26/10/2018
会員料金130 €
会員料金(2名)240 €