CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会

SCC / Startup Creativity Challenge : 日仏イノベーション・ウェビナ・ローンチ

03

7月

2020

,

地図が利用できません
テーマ

SCC /スタートアップクリエイティビティチャレンジでは、フランスまたは日本でのイノベーションについての理解を深めていきます。

 

SCCは、日仏経済交流委員会と日仏笹川財団の共同考察により誕生し、メンバー、パートナーで構成されたSCCチーム(日仏笹川財団シネオラマトリスエイコー仏経済戦略研究所、CEFJ)がサポートする3年計画プロジェクトです。

日仏エコシステムの共創を目指しています。

 

特別ゲスト、パスカル・ラトゥーシュ氏とともに、SCCウェビナープログラムをご覧ください。
Open Innovation Expert & Author とSCCチーム(CEFJ、日仏笹川財団、シネオラ、マトリス、エイコー、日仏経済戦略研究所)

このウェビナーは英語で行います。

その後、質疑応答を行います。

パートナー機関
レジュメ

ウェビナーレポート

ゲスト: Open Innovation Expert & Author Pascal Latouche

 

去る2020年7月3日、日仏経済交流委員会(CEFJ)は、日仏間で大企業とスタートアップとのコラボレーションを推進するプログラム・Startup Creativity Challenge(SCC)第二弾のオフィシャル・ローンチを開催しました。ウェビナーには、日仏Members企業を中心に多くの参加者が集まりました。

またゲストとして、フランス発のスタートアップ支援プログラムOrange Fabに創設者として7年間のインターナショナル・コーディネーターを務めた経験のあるオープンイノベーションのエキスパート、かつ多くの著書も出しているPascal Latouche氏を招待し、SCCにかける期待についてお話をいただきました。

 

レポートの詳細はこちらからご覧いただけます。

 

イベントレポート執筆:RouteX Inc.

RouteX Inc.(ルーテックス)は「情報の非対称性が無い世界へ」をMissionに掲げ、世界各国のスタートアップエコシステムに関する調査と、国内外のイノベーションを加速する事業をおこなっています。これまでに様々な大企業・官公庁・スタートアップと連携し実績を積み重ね若くダイナミックなスピリッツで活動を広げています。

ホームページ:https://routexstartups.com/