CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会

パリ日本文化会館/ クレアパリ「『伝統と先端と』~日本の地方の底力~」 マルセイユ展およびパリ展の開催について 2021年19日~30月10日まで 日本の12の部門と都市

une exposition du 29 septembre au 3 octobre à l'Hôtel de Ville de Marseille, une exposition-vente du 19 au 30 octobre 2021 à la Maison de la culture du Japon à Paris (MCJP)

クレアパリでは、日本の地方に根付いた伝統工芸品や伝統産業技術にスポットを当て、日本の地方が持つ知られざる魅力を発信する企画展「『伝統と先端と』~日本の地方の底力~」を、2021年9月29日(水)から10月3日(日)にかけてマルセイユ会場にて、その後、10月19日(火)から10月30日(土)にかけてパリ会場にて開催します。

 本企画展では「衣食住」をテーマに、「衣」にはとうもろこしの殻から作られたスリッパ(十和田市)や美しい絹のスカーフ(鶴岡市、東京都、福岡県)、「食」には金箔で装飾されたグラス(金沢市)や漆を施した椀や小皿(福井市)、組子細工や木彫りのコースター(長野県)、「住」には鮮やかな色彩の陶器の置時計(岐阜県)や煙や灰落ちの美しさをも追求したお香(兵庫県)、象嵌の技術が使われたペーパーナイフ(熊本市)など、日本各地から12自治体の多様な工芸品を展示販売(※一部会場は展示のみ)します。

また、パリ会場では親子で参加できるワークショップ(要予約)を開催し、お香を用いた匂い袋づくりや組子細工コースターづくり、型染めトートバックづくりを体験することができます。

参加自治体:

 十和田市、鶴岡市、東京都、富山県、金沢市、福井市、長野県、岐阜県、兵庫県、広島市、福岡県、熊本市(12自治体)

会場及び開催期間

 ≪マルセイユ展≫ ※展示のみ

  La salle Bailli de Suffren de l’Hôtel de Ville(Quai du Port, 13002 Marseille)

  2021年9月29日(水)~10月3日(日)

 ≪パリ展≫

  パリ日本文化会館(101 bis quai Branly 75015 Paris)

  2021年10月19日(火)~10月30日(土)(日曜及び月曜休館)

パリ会場におけるワークショップ

①あわじ島の香司 香りのアトリエ(兵庫県)

②信州組子細工のコースターづくり体験(長野県)

③トートバッグ型染め体験(東京都)

予約などの詳細については、パリ日本文化会館のサイトをご覧ください。