CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会

Château du Clos Luce

アンボワーズ町の中心に位置するクロ・リュセ城は、ヴァル・ド・ロアール地方の財産的観光地であり、ユネスコ 世界遺産に登録されています。

 クロ・リュセ城とレオナルド・ダ・ヴィンチ公園は、フランス王の避暑地として使用されていた歴史があり、公園の名前の通り、フランソワ一世がレオナルド・ダ・ヴィンチをお城へ招いたことは大変有名です。第一の画家、エンジニア、王の建築家なるレオナルド・ダ・ヴィンチは生涯最後の三年間をクロ・リュセ城で過ごし、発明の完成に没頭しました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの日常が感じられるだけでなく、彼の発明内容がテーマ毎に展示されている常設展がお城、公園内にて鑑賞可能です。