CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会

Feral Schuhl Sainte Marie

知的財産弁護士であるChristiane Féral-Schuhl氏と、Bruno Grégoire Sainte Marie氏は、1988年に、テクノロジー及び情報権分野専門の FG 共同事務所を創立しました。新テクノロジーの権利分野に関して、誰もが認める重要な弁護士事務所です。

事務所の専門技術は、まず初めに情報科学プロジェクトにおいて展開されました。
90年代においてマルチメディアは、法的カテゴリー、とりわけ知的財産分野に大きな変化を与え、多くのオペレーターが電気通信分野、またメディア分野にて登場しました。このような状況の中、インターネット革命が起こったのです。

1998年には、Christiane Féral-Schuhl 氏と、 Bruno Grégoire Sainte Marie 氏が、彼らの国際的事務所Salansとともに統合しました。経済のグローバリゼーション、及び貿易の国際化は、彼らの展開を促進しました。 彼らは「コミュニケーション、また情報テクノロジー部門」の共同責任者として、専門家チームを結成しました。

2006年には Christiane Féral-Schuhl 氏とBruno Grégoire Sainte Marie氏は、これまでの二人の力強い経験を活かし、Feral-Schuhl / Sainte-Marie事務所を創立することを決心。この事務所創立のプロジェクトは、彼らのチームが一丸となって行われました。

Feral-Schuhl / Sainte-Marie は、顧客が新しく必要とするものに適応し、高品質かつ素早いサービスを提供するために、彼らの専門的経験、バイタリティー、創造性を結び合わせます。