CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会

ルシアン・バリエールグループ

1912年にフランソワ アンドレが創業、その後リュシアン バリエール、ディアーヌ バリエール=ドゥセーニュそしてドミニック ドゥセーニュという優れた後継者たちの手腕によって、バリエールは今やフランスにおけるカジノ業界のリーダー、ラグジュアリーホテルの権威であるとともに、レジャーやエンターテイメントの分野においても、世界レベルの存在となりました。

また、最高級ラグジュアリーの市場においては、卓越したオペレーション形態と上質のサービス、そしてフランスならではの《アール ドゥ ヴィーヴル(暮らしの美学)》を基調とした比類のないサービス パッケージやイベントを企画展開しております。今日、バリエール グループはカジノ33軒、ラグジュアリーホテル18軒そして120以上のレストランおよびバーから構成されいます。パリのシャンゼリゼ通りの名高いル フーケッツもまたバリエールのレストランであり、ショーおよびイベント開催回数は年間約3000にも上ります。

またグルメ業界においても高い知名度を誇り、レストランは200万食以上提供。レジャー業は、特に健康促進とスポーツに力を入れており、スパ施設15軒、海水療法センター1軒、入浴療法センター1軒、そして3つのゴルフ場と2つのテニスクラブを訪れる方々にご利用いただいています。

こうしてバリエールは、名だたる観光地に位置するその類まれなリゾートを、世界の皆様にお楽しみいただけるよう、日々精進しております。