CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会
製造

PROPHESEE

Prophesee(旧Chronocam)は、世界で最も先進的なニューロモルフィックビジョンシステムの発明者です。

Propheseeの特許技術の画期的な進歩は、人間の目と脳が視覚感知、処理効率、またインテリジェンスを劇的に向上するためにどのように機能するかを元に、新しいコンピュータビジョンの規範を導入します。

同社独自のイベントベースの方法は、シーンの最も有用で関連性の高い要素のみを選択し、従来のフレームベースのシステムによって課されている電力、待ち時間、およびデータ処理を削減します。

Propheseeは、その技術の最初の応用として、人口シリコン網膜を作成し、今日の医療現場では、目の不自由な人に視力を回復させるための医療器具として使用されています。

Propheseeのセンサーとビジョンシステムは、自動運転車両、産業オートメーション、IoT、セキュリティと監視システム、AR / VRなどの分野で、新たな可能性を展開しております。その革新は、幅広い使用モデルにわたって安全性、信頼性効率、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

Propheseeはパリを拠点とし、日本とアメリカに現地事務所を構えています。 70人の先見的かつ世界的なエンジニアのチームによって、ニューロモルフィックエンジニアリングの分野で20年以上の研究が推進、構築されてきました。Capital Partners、 Supernova Invest、iBionext 、インテルキャピタル、ルノー・グループ、ロバート・ボッシュ・ベンチャー・キャピタル等を含む360もの国際的な開発者達によって支援されながら、50以上の国際特許を保有しています。

Propheseeは機械的ヴィジョンの新しい時代を切り開いています。