CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会

日本のアトリエ兼ショップSARAXJIJI(サラジジ)、期間限定パリ出店

6月4日から9日まで、11時~19時、28 rue Saint-Gilles 75 004  Paris

 

森を散策するように・・・

私達の心は、その日その日、例えば着ている洋服や手に取る道具、口にする食べ物によっても変わります。

SARAXJIJIの服を纏うことで森や自然を感じることができれば、たとえそれが実際傍になくても、心地よい風が通り抜けることを自分の内外に感じ、森の中を散策している気分の一日を過ごすことができれば、と思うのです。

SARAXJIJI

シンプルで心地よい日常。
SARAXJIJIが考える理想の服とは日常的に身に纏えるもの。

SARAXJIJIの商品は、「用と美を兼ね備えた、身に纏う ”日常の道具” 」です。道具とは本来、使う人の手助けになるためのもの。だから、服が主役になるのではなく、その人の日常に自然と馴染んで、その人らしく、おだやかで、安らかな一日を過ごすことができるよう、ほんのわずかでも、その支えに慣れたらとおもい作っています。

SARAXJIJIの商品は、自然の素材を使用し、日本国内の縫製工場・職人によって商品化しています。生地の素材は、柔らかい風合い、肌触り、着心地の良さをどこまでも優先して、身体を優しく包み込むような感触、すっぽりと覆われて守られているような感覚を大事にしています。

SARAXJIJIの商品は、さまざまな着こなしを工夫したり、発見して、服を楽しんで 着て頂けるように、汎用性の高いシンプルなデザインを心掛けています。また、時代や流行に左右されない、いつまでも長く使い続けられる道具となるように、企画したアイテムは、定番商品に少しずつ加え、継続的な商品づくりを行っています。

今回の出店で、私たちの5感が目覚め、SARAXJIJIの衣服から温もりと柔らかさを 皆様に 感じていただきたく思っています。

www.sarajiji.com