CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais CEFJ - Comité d'échanges Franco-Japonais
により設立された委員会

パリ2024年:パリ五輪の競技種目で空手落選

空手はTOKYO 2020の追加競技となりましたが、オリンピック委員会によって再調整されたPARIS 2024のプログラムには含まれていません。2月21日に、空手ファンは、2024年のパリオリンピック種目から外れたことに仰天させられました。世界連邦は、欧州選手権を利用して、パリ2024で空手の出場権を求めるよう選手たちに呼びかけを起こしました。

上院で交換された質問と回答のレポートは次のとおりです。

2024年のオリンピック大会での空手の存在

第15議会

クロード・ベリット・デバト氏(ドルドーニュ-SOCR)の質問書12084号

2019年8月29日、元老院公開ジャーナル 4355ページ

クロード・ベリット・デバト氏は、2024年はパリで開催されるオリンピック競技大会の追加規律として空手を競技種目から外したオリンピック競技委員会(OCOG)および国際オリンピック委員会(IOC)の選択についてスポーツ大臣 に質問主意書を提出しました。

5000のクラブ、255 000名の連盟登録選手が加盟するフランス全国空手​​連盟は、2019年2月に下されたこの決定を理解せず、この措置に対する動員を今日も続けています。

日本で行われる2020年オリンピック大会にて、空手は追加競技と認定されているため、この決定は最も驚くべきことです。そのため、オリンピック競技の最終的な統合は、それがそれ自体を証明する前であっても危険にさらされています。

フランスは世界レベルで常にタイトルがつけられている偉大な空手国家の一つであるだけに、その驚きはもっともなものであります。

パリの2024年のオリンピックでの空手がスポットライトを浴びることにより、若者に新しい職業の場を広げ、、引き付けることができます。フランスの空手登録選手の55%は18歳未満であり、フランスのオリンピックでチャンピオンになることを夢見た若者は125,000人以上います。

ここでの課題は、オリンピック競技委員会と国際オリンピック委員会によって選抜された歩かの共美に対しての疑念を問うものではなく、2020年に行われる競技との一貫性を示すことにあります。

また、元老院議員は、国際オリンピック委員会が2020年12月に最終決定を下す前に、フランスの2024年のオリンピック競技大会に最終的に空手が選ばれるよう、どのような対策をお考えかを政府に尋ねました。それは、数十万人のスポーツマンとボランティアによってサポートされているスポーツ分野に、すべてのチャンスと有力なメディアを与えることになります。

スポーツ省からの返答

2019年10月10日、元老院公開ジャーナル 5169

2024オリンピックおよびパラリンピック競技大会組織委員会(OCOG)は、オリンピック競技に、ブレイクダンス、スケートボード、ロッククライミング、サーフィンの4種目を追加しました。 この決定は、オリンピックおよびパラリンピック競技大会組織委員会が設定した原則に基づき、2019年2月21日に発表されました:主に都市で若者に強い影響を与える革新的なスポーツを選択。3月27日に国際オリンピック委員会(IOC)の執行委員会により承認され、6月25日に国際オリンピック委員会セッションにより全会一致で承認されました。 2020年12月には、国際オリンピック委員会による検証を受けるために提出されます。オリンピックおよびパラリンピック競技大会組織委員会によって選択された4つの追加競技のうち1つ以上を引き下げられる可能性もあります。 しかし、今から、このリストに新しい競技を追加することはできません。3月の初旬、これらの新しい競技種目の発表の直後、オリンピックおよびパラリンピック競技大会組織委員会は、国際空手連盟より質問を受け取りました。その後、これら2つの機関の間でいかなる交渉は開始されませんでした。いずれにせよ、スポーツ省は、フランス連盟を支援したことを想起します。

2019年、日本のオリンピックおよびパラリンピック競技大会組織委員会の決定に従い、特に空手が出場する2020年東京オリンピックの準備段階におけるハイレベルスポーツの開発として、100万ユーロ以上の助成金を付与することが決定されました。この金額は、2018年のスポーツ省の財政管理のために努力と比較しても20%増加しており、このスポーツへの愛着と25万人以上の登録選手への強力な価値を示しています。パリ2024出場種目を決める、オリンピックおよびパラリンピック競技大会組織委員会の追加競技の選択に関係なく、スポーツ省引き続きフランスの空手を注目しています。

ブリジット・ミコロー氏(オートガロンヌ-共和党員)の質問書13136号

20191121日、元老院公開ジャーナル 5790

ブリジット・ミコロー氏は、2024年のパリオリンピック(OG)のプログラムから空手を除外することについて、スポーツ大臣に に質問主意書を提出しました。

実際、2019年2月21日、オリンピックおよびパラリンピック競技大会組織委員会(OCOG)は2024年に空手をオリンピック競技の追加リストから除外しましたが、2020年には東京オリンピックでは出場種目となります。

この驚くべき選択についての説明はありませんでした。特に、250,000人の登録選手と5,000のクラブを持つフランスの空手連盟は、国際 空手 (全国195連盟、1,000万人の登録選手)の上位3カ国に入っています。世界およびヨーロッパの多くのチャンピオンのおかげで、フランスは、2024年のパリオリンピックで多くのメダル獲得が予想されています。

オリンピックおよびパラリンピック競技大会組織委員会の決定に対する理解の欠如を考慮して、除外に至る経緯の説明と2024年のパリオリンピックのプログラムで空手の出場権の回復について政府がどのような検討を考えているのかを尋ねました。